• 東洋大学オーストリアゼミ

田中雅敏(著):『ゼロからスタートドイツ語 文法編』 2021年6月初版、Jリサーチ出版、ISBN 978-4-86392-519-9


本書の特徴:
◎小さなステップを一つずつ着実に
 まずは動詞を中心にした文構造を学びます。これにより、現在形だけなく過去形や完了形も使えるようになります(動詞編)。枠組みがわかったら、次は名詞や冠詞の文法を使いながら名詞をいろいろ変えたり、 定冠詞や不定冠詞、所有冠詞などで伝え方のバリエーションを出したりします(名詞編)。さらに前置詞句で文を副詞的に飾ったり(前置詞編)、名詞を形容詞で飾る(形容詞編)ことも見ます。基本を確認しながら、定着した知識の上に、さらに次の項目の学びを載せていく、というイメージで組み立てています。

◎ドイツ語学習の土台づくりをする
 本書が扱う文法事項は限定してあります。いわゆる初級文法 の4分の3程度です。たとえば、関係代名詞は扱っていませんが、 関係文を用いずとも、単文を重ねて表現することもできます。複雑な構造を駆使して表現する中級レベルにステップアップされた い場合には、本書の世界から次のステップに飛び出していただければと思います。扱う文法を絞ってあることで、本書の内容が薄いということはありません。文法は「そういうものなので覚えるしかない」という部分もありますが、本書では文法ルールを「公式」として示し つつ、なぜそのような公式になるのかをひも解くような、やや詳しい解説もしています。



コメント一覧

返信2021-09-09 05:28

kensyouta16/

説明が丁寧で、汎用性のある例文ですので、助かっています。

    返信2021-09-09 15:33

    tmasa16/

    ありがとうございます。せっかくドイツ語を学んでいただくなら、実際に使ってみようと思えるものがいいということで、なるべく汎用性があるものを提示するようにしています。紙幅の関係で、すべてが理想どおりとはいっていないと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください