• 東洋大学オーストリアゼミ
  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後ににより に更新されました。
2件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #14423 返信
      初学者

      田中先生

      お久しぶりです。

      副文のテキストに以下の例題がありました。

      1. Ich habe Zeit.Ich komme mit.(wenn)

      2.Erich fragt Kann Karin schwimmen?(ob)

      それぞれの正答は…

      1.Wenn ich Zeit habe,komme ich mit.

      2.Erich fragt,ob Karin scwimmen kann.

      です。

      1の例題の考え方と質問。

      私は最初、そのまま

      Ich habe Zeit,wenn ich mit komme.

      にしてしまいましたが、wennはもし〜ならばという意味を含んでいるため、

      Ich habe Zeitのほうにかけて、時間があれば〜という意味になる。

      副文の接続詞は小文字始まりですか?

      副文のあとに続く主文の動詞は小文字始まりですか?

      主語は文頭以外は小文字で書き、名詞はいかなる語順でも大文字始まりですか?

      Ich komme mit,wenn ich Zeit habe.でも合っていますか?

       

      2.Erich fragt,ob Karin scwimmen kann.

       

      エーリヒは聞いた。カリンが泳げるかどうかを。と訳しました。

      この場合、副文はobに続く泳げるかどうかにかかると思うのですが、文の重要性から考えますと、『エーリヒが聞いた』事より『カリンが泳げるか否か』の方が重要な気もします。ただ、テキストには間接疑問文の中にobがあるので強制的に副文になっている捉え方もできますが、

      Erich fragt,ob Karin scwimmen kann.と疑問文の?で終わっていない文章にもobは使用できるのでしょうか。

      高卒で上手な説明が出来なくて申し訳ありません。

      宜しくお願いいたします。

    • #14424 返信
      tmasa
      キーマスター

      こんにちは。ありがとうございます。
      ご質問の意図はよくわかります。

      1.
      副文の接続詞は小文字始まりですか?
      → 文頭のみ大文字で、そうでなければ小文字です。Wenn A, B. か B, wenn A. となります。

      副文のあとに続く主文の動詞は小文字始まりですか?
      → はい、副文から始まるということは、主文は文頭ではありませんので小文字始まりです。

      主語は文頭以外は小文字で書き、名詞はいかなる語順でも大文字始まりですか?
      → 名詞はいかなる場合でも大文字始まりです。それ以外のものは、文頭にない限りにおいては小文字です。代名詞も、名詞ではないので小文字書きです。

      Ich komme mit,wenn ich Zeit habe.でも合っていますか?
      → はい、合っています。解答例として挙げられているものと意味の違いはありません。

       

      2.

      エーリヒは聞いた。カリンが泳げるかどうかを。と訳しました。
      →「カリンが泳げるかどうか、エーリヒはたずねた。」ということですので、それでいいと思います。

      この場合、副文はobに続く泳げるかどうかにかかると思うのですが、文の重要性から考えますと、『エーリヒが聞いた』事より『カリンが泳げるか否か』の方が重要な気もします。ただ、テキストには間接疑問文の中にobがあるので強制的に副文になっている捉え方もできますが
      → 副文とは、主文の一部になっている文のことを言います。この文ですと、「質問する」という主文の動詞があって、その「質問内容」が「カリンが泳げるかどうか」です。つまり、質問する、という行為・動作を主文で表していて、その内容を副文が表します。もちろん、質問の内容は、たとえば「駅までの道」などのように、文レベルではなく名詞句・前置詞句レベルでもありえますので、それが文レベルのときに限り副文(という文)を使います。
      ですので、「カリンが泳げるかどうか」を副文にするので合っています。ob は、副文に使うこと、また疑問の意味が出ること、というのは、ご指摘の通りです。

      さらに言いますと、主文は「平叙文」「疑問文」「命令文」にできるものです。ですので、
      (A)カリンが泳げるかどうか、エーリヒは尋ねた。(平叙文)
      (B)カリンが泳げるかどうか、あなたは知っていますか?(疑問文)
      (C)カリンが泳げるかどうか、教えてくれ!(命令文)
      のように、主文のみ文タイプを変えることができますが、(A)から(C)の文において「カリンが泳げるかどうか」は固定で変わっていないことに注意してください。固定ということは副文なのです(主文ではない)。

      Erich fragt,ob Karin scwimmen kann.と疑問文の?で終わっていない文章にもobは使用できるのでしょうか。
      → 直前で書いたことと関連しますが、ここで、文が疑問文の「?」で終わっていないのは、主文が平叙文(Erich fragt)だからです。ob はあくまでも主文の一部に過ぎませんから、副文が疑問の形になっていても、文全体(=主文)が平叙文なら、「?」はつきません。反対に、副文が dass であっても、主文が疑問文なら「?」がつきますし、命令文なら「!」がつきます。
      (D)Sagt Erich, dass Karin gut schwimmen kann?
      (E)Erzähl mir, wie Karin geschwommen hat!

      うまく説明できていればいいのですが。

    • #14428 返信
      初学者

      田中先生

      ご返信ありがとうございます。

      いつも教わった事をノートに転記して、つまずいたら読み返すようにしています。

      わかりやすく教えていただきありがとうございます。

      これからもよろしくお願いいたします。

2件の返信スレッドを表示中
返信先: 副文
あなたの情報: