• 東洋大学オーストリアゼミ

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。 に さんが最後の更新を行いました。

  • 投稿者
    投稿
  • #331 返信

    katze

    早速ですが現在分詞(?)について文法的理解が釈然としないドイツの友人からのメールについてお尋ね致します。日本をテーマに扱った映画を観た感想の一文なのですが、以下のように綴られています。

    Seine Sichtweise auf Japan ist sehr unbefangen und Respekt
    erweisend.

    意味するところは大体解るのですが(「日本に対する彼の見解は偏見がなく、尊敬の念も現れて(示されて)いる」)、後半部分の「und Respekt erweisend」を文法的にどう整理したらよいのかわかりかねています。これが「Respekt ist erwiesen」ならばすんなりあっさり飲み込めるのですが、「erweisend」は現在分詞ですよね。
    ここでは「名刺への付加語」用法ではありませんし、sein動詞を伴っての述語的用法でもありませんよね。となると【Sie kam tanzend herein.】にような副詞的用法になるのかな、と思うのですが、私は今まで上のような(メール文中のような)副詞的用法をとる現在分詞を見たことがありません。「Respekt」という4格目的語を伴う副詞的用法だ、と理解してOKなのでしょうか?
    質問文が解り難くて申し訳ありませんが、お時間がありましたらご回答下さい。

  • #332 返信

    tmasa
    キーマスター

    そうですね。動詞の不定形に -d がついたものは【現在分詞】と呼ばれています。たしかに、”Respekt erweisend” の部分を “Respekt ist/wird erwiesen” にしても、同じ内容を表せますが、過去分詞を使う【受動態】と違って、現在分詞は“能動的”です。つまり、この文の主語 seine Sichtweise (auf Japan) が、能動的に Respekt (尊敬の念)を erweisen (示す)しているわけです。

    Seine Sichtweise erweist Respekt. 「彼の見方は尊敬の念を示すものだ」
    → Seine Sichtweise ist Respekt erweisend.

    この用法は、katze さんが書かれている中の「sein動詞を伴っての述語的用法」に相当します。述語的用法であることは、次のように書き換えることでわかります:

    (参考)Seine Sichtweise ist eine [Respekt erweisend]e Sichtweise.

    [  ] の部分を、別の形容詞に置き換えてください(たとえば interessant):
    Seine Sichtweise ist eine [interessant]e Sichtweise.
    ⇔ Seine Sichtweise ist [interessant].

    このように、現在分詞は①名詞を修飾する形容詞として、②sein動詞と結びつく述語として、③動詞句と結びついて副詞句として、、、の用法があるわけです(③は、今回は当てはまりません)。

    なお、このような現在分詞の(メール文中のような)用法は、珍しいことではありません。たとえば、faszinierend という語は、faszinieren (魅了する)という動詞の現在分詞ですが、

    Der Film ist faszinierend! /
    Das ist ein faszinierender Film!

    のように使われます。faszinierend で(現在分詞というより)すでに独立した形容詞になっている感じもあります。他にも、

    [dringend]
    Die Sache ist dringend. /
    eine dringende Sache, eine dringende Bitte
    [bedeutend]
    Sein Vortrag war bedeutend. /
    ein bedeutender Vortrag

    など、すでに“独立した語”のようになっているものもあります。“独立した語”のようになっていなくても、動詞の末尾に -d をつければ【現在分詞】になりますので生産性が非常に高いですね。

    なお、今回のメール文中にあった Respekt erweisend のように、他動詞で目的語を伴った形で分詞になる場合もあります。それは、その動詞が必要なものはすべて取り込んだ形で動詞に -d がつけば良いので、そのようになります。副詞的な用法として例に挙げておられる

    > Sie kam tanzend herein.

    も、Sie kam [mit dem Handy sprechend] herein.

    というように、動詞句(前置詞句+動詞)の形で分詞になることがありますので、Respekt erweisen が Respekt erweisend という分詞になることも問題がありません。

  • #333 返信

    katze

    > 他動詞で目的語を伴った形で分詞になる場合

    このようなものに遭遇したのは今回初めてだったので本当に目からウロコという感じです。(このような用法って辞書や参考書には掲載されていないと思うのですが単なる見落としでしょうか^^;)先生の例示を含めたご説明によりすっかりさっぱり飲み込めました。おっしゃるように現在分詞は実に生産性が高いですね。
    (でも、英語の「受動的」な過去分詞(-d/-ed)を想起してしまって・・使い慣れないと「能動の用法だ!」とピンときませんね。)
    これからは私も現在分詞を使った文を沢山メールに書いていきたいと思います。便利ですものね。本当にありがとうございました。

返信先: 現在分詞?
あなたの情報: