• 東洋大学オーストリアゼミ
  • このトピックには4件の返信、1人の参加者があり、最後ににより に更新されました。
3件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #14108 返信
      ゆうすけ

      田中先生こんにちは。

      あるドイツ語の本に、学校教育と親の問題について以下のような文章がありました。

      Nicht wenige Eltern sind ferner der Ansicht, dass die Erziehung ihrer Kinder vornehmlich Aufgabe der Schule sei.

      この場合、親は教育を学校に任せようとするという文脈なので、fernerというのを「より遠い=~という意見とはかけ離れている」と訳すと意味が通りません。

      fernerについてご教授いただければ幸いです。

      ゆうすけ

    • #14112 返信
      tmasa
      キーマスター

      前後の文脈がないと、この文単体では、ちょっと判別が難しそうです。

      ① der Ansicht が2格ならば、der Ansicht sein, dass… という表現になっており、ferner は「さらに、引き続き」というような副詞だと思います。

      ② der Ansicht が3格ならば、fern(3格支配) の目的語かもしれません。この場合、さらに比較級になっていますが、比較対象がありません(少なくとも、前後の文脈がないのでわかりません)ので「絶対比較級」かもしれません。

    • #14145 返信
      ゆうすけ

      前の文章はこうです。

      Sind japanische Eltern streng?

      Eigentlich nicht. Häufig ist es eher so, dass Eltern zu nachgiebig sind, sei es weil sie beide arbeiten oder weil es generell immer weniger Kinder gibt.

      • #14147 返信
        tmasa
        キーマスター

        直前の文章をありがとうございました。そうですね、共働きが多いこと、あるいは少子化などで、子供に対して(厳しくなく)甘い親が多い、という論調ですね。その次に、教育は学校がするものと考えており、家庭で厳しく教育をすると考えていない親が少なくない、とありますので、ferner は「さらに、加えて」のような意味になっているような気がします。

        この場合、Ferner sind nicht wenige Etern der Ansicht, dass …. としてあるほうがわかりやすい(わかりやすかった)ですね。

    • #14152 返信
      ゆうすけ

      田中先生

      有難うございました。解決しました。

      ゆうすけ

3件の返信スレッドを表示中
返信先: ferner der Ansicht
あなたの情報: